失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムでできること » 承認経路の分岐

承認経路の分岐

ワークフローの承認経路の分岐とはどのような種類があるのでしょうか。この記事では承認経路の分岐の種類や注意点、ワークフローの管理や業務効率アップに便利なツールを紹介します。

ワークフローの承認経路とは

ワークフローにおける承認経路とは、「申請内容が承認され、最終的に承認されるまでの経路・道筋」のことです。

一般的には社内で申請者→複数の承認者→決裁者へと申請書類が回付されていく道筋を指します。

ワークフローの承認経路の分岐

組織の規模や申請内容の種類にもよりますが、承認経路はおおむね下記の4つの種類に分けられます

直線型の承認経路

一番わかりやすく、シンプルな承認経路です。
申請(Aさん)→承認(Bさん)→決裁(Cさん)と、書類が回付されます。

▼スクロールできます▼

直線型の承認経路

指名型の承認経路

指名型は承認経路の途中で承認者を指名し、追加するパターンです。

例えば、プロジェクトの重要人物であるDさんを承認者として追加した場合、

申請(Aさん)→承認(Bさん)→決裁(Cさん)が
申請(Aさん)→承認(Bさん)→承認(Dさん)→決裁(Cさん)

となります。

▼スクロールできます▼

指名型の承認経路

条件分岐型の承認経路

条件分岐型は申請内容や金額によって、承認経路が分岐するパターンです。

例えば、金額が10万円未満の申請であれば申請(Aさん)→承認(Bさん)→決裁(Cさん)、10万円以上であれば申請(Aさん)→承認(Dさん)→決裁(Cさん)というように、条件よって申請内容が経由する道筋が変更となります。

▼スクロールできます▼

条件分岐型の承認経路

並列型の承認経路

並列型は一番複雑な承認経路のパターンです。

特に複数の部署が関わるような大規模なプロジェクトでは、同時に複数の経路で承認が進むことがあります。このような場合、多くの人数が承認に関わることになるので、どこまで承認が進んでいるのかの把握が難しくなります。また書類の改ざんや紛失といったリスクも高くなるので注意が必要です。

▼スクロールできます▼

並列型の承認経路

複雑な承認経路にはワークフローシステムがおすすめ

承認経路の見直し・改善だけでも業務の効率化が期待できますが、紙ベースで行われている申請・承認手続きを電子化することで、さらなる効率化が見込めます。

また、申請手続きの電子化に特化しているワークフローシステムを導入すれば、書類の紛失のリスクを抑えながら複雑な承認経路での回付状況も把握できるため、スムーズに業務を進めることができるでしょう。

リスクマネジメントや業務効率の向上のために、ワークフローシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
おすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください

自社の課題解決につながる
おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る