失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » 電子決裁とは?メリットやシステム導入の流れなどを紹介 » 電子決裁システムと内部統制の関係

電子決裁システムと内部統制の関係

日本版SOX法が施行されたことで、内部統制が一部義務化され、その重要性も高まりを見せています。内部統制強化に欠かせないワークフローの一つが電子決裁システムです。ここでは、電子決裁システムと内部統制の関係や、内部統制について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

電子決裁システムと内部統制の関係について

社内で構築・適用される内部統制の実施は、上場企業や一部関連企業で実施が義務化されています。承認・決裁プロセスを可視化するワークフローの導入をすることでスムーズに業務が行えるようになる他、内部統制を強化することにつながります。

そのワークフローの一つが、電子決裁システムです。電子決裁システムを導入すれば、申請・承認・決裁・保管の全てがオンライン上で遂行でき、決済のプロセスもスピーディーに行えます。電子決裁システムを組み込んだワークフローにすることで、効率的な内部統制強化に繋がっていくのです。

内部統制とは

内部統制は企業が企業活動を健全かつ適切に行うために、社内で構築するルール・制度のことです。内部統制が整備され、正しく適用されれば、社内でのミス・不正の防止に繋がり、企業の信頼やネームバリューを守ることができます。

内部統制は正規雇用の従業員だけに適用されるのではなく、その企業と雇用関係を結ぶ全従業員に適用されます。企業規模が大きくなればなるほど経営陣が、社内の隅々まで目を光らせることは難しくなりますが、社内ルールや制度を整備した内部統制が機能すれば、効率的に適正な企業活動が行えるのです。

また、内部統制は経営陣自体が粉飾決算や偽装表示などの違法行為を行うことを防ぐ役割も果たします。社内を自浄し、企業不祥事を防止するために必要な仕組みです。

日本版SOX法の施工で内部統制義務化

J -SOX法とも呼ばれる日本版SOX法は、2006年に制定された金融商品取引法の一部として、2008年4月1日以後に開始する事業年度から導入された内部統制報告制度のことです。金融証券取引所の上場企業と、その関連企業を対象としています。

日本版と言われているのは、SOX法が元々アメリカで制定された法律だからです。大規模な不正会計事件を発端に、不正会計事件が相次いでいたアメリカでは、企業の会計不祥事を規制するために、2002年にSOX法が制定されました。

日本でも同様の不正会計事件が発生していたことから、アメリカのSOX法に倣って日本版SOX法が制定され、内部統制が義務化されることになりました。日本版SOX法は正式名称ではなく、「金融商品取引法」の一部の俗称です。

日本版SOX法の目的

日本版SOX法の目的は「財務報告での信頼性を確保すること」です。財務報告には企業の事業活動と経営状況が反映されます。この財務報告に関係する内部統制の基準や評価手続き、報告などの内容を明確に定めることで、不正会計を防止することも目的です。この目的を達成するために、業務処理にかかる内部統制とITシステム全般にかかる内部統制に関する内容も盛り込まれています。

内部統制を強化しながらシステム連携が可能になる電子決裁システム

電子決裁システムを導入すれば、申請から承認までを簡単に共有・可視化でき、スムーズなワークフローによる事業活動が行えます。また、日本版SOX法によって上場企業に義務化された内部統制を強化しながら、異なるシステム間で連携を取ることもできるでしょう。このような背景があるため、電子決裁システムを導入したワークフローが注目を集めています。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
おすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください

自社の課題解決につながる
おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る