評判のワークフローシステムを調査

紙帳票での申請・決裁業務は、申請作業だけでなく上長不在や郵送による決裁業務でも様々な課題があります。紙ベースで普段使い慣れているソフトを活用しながら電子化できるワークフローシステムなら、申請ミスや紛失、承認漏れを回避しながら、業務効率化により決裁までのスピードをアップすることが可能です。様々な業界で評判となっているワークフローシステムの特徴を簡単にまとめました。

稟議書申請の問題を解決する
ワークフローシステム32選

日頃から使い慣れているExcelやWordなどの文書ファイルをそのままWeb上の稟議書、申請書に活用できるため、パソコンに詳しくない人でもシステム移行に全く抵抗がありません。社内だけでなく取引先とも申請・承認業務を行うことができ、多彩な承認ルートの設定が可能です。

紙帳票と同様の感覚で直感性や操作性を重視した文書の作成をサポートする進化系ワークフローシステム。業務の可視化により不正やミスを防止することも可能です。柔軟な権限管理により内部統制の強化にもつながります。

2020年6月現在、3,000社以上の導入実績を誇っており、プログラミングに関する知識を必要とせず、紙帳票や表計算ソフトなどのデータ、書式をそのままデザインに反映することができます。申請・決裁業務をクラウド化することで承認処理スピードの向上が可能です。

普段から使い慣れている申請書の様式を変更することなく、紙ベースの申請書と同じ感覚で申請書や稟議書を作成することができます。複雑案承認フローにも対応しており、申請・決裁の流れをWeb上で再現して業務プロセスを可視化することも可能です。

紙ベースの申請書と同じ要領でシンプルな申請・決裁フローから、規模の大きい本格的なワークフローにも簡単、迅速に実現することができます。オンプレス版、クラウド版を提供しており、会社の規模や予算に合わせて選択可能です。

会社内の様々な申請書をクラウド化することで、申請・承認業務を効率的に圧縮することができるワークフローシステムです。高機能なのに直感的で使いやすい操作性から、2020年6月現在10,000社を超える企業に導入されています。

Excelを使って誰でも作成、修正が可能なワークフローシステムです。作成をサポートしてくれる充実した機能と柔軟な承認フローがあるため、業務が変化しても迅速に対応することができます。直感的でシンプルな操作も魅力です。

稟議書や申請書など、あらゆる申請書類の電子化を可能とするワークフローシステムです。複雑な承認ルートも簡単に設定できるうえに視覚化も可能。文書システムと連携することでデータの保存や検索も簡単にできます。

専用ソフトやプログラミングに関する知識を必要とせず、申請、承認、出力などの業務をWeb上で一括管理することができるワークフローシステムです。フリーフォームで書式を作成することができるため、シンプルな申請から複雑な承認ルートの申請まで対応できます。

稟議所や申請書、各種届け出書など、業務に必要となるあらゆる書類を電子化することができるワークフローシステム。多数のサンプルフォームが標準搭載されているため、簡単な操作だけで様々な決裁処理を効率化することが可能です。

既存のシステムを利用した申請や決裁の運用に大幅な変更を加える必要がなく、業務フローを電子化、可視化することができます。金乳情報システム構築の経験が豊富な企業が提供しているため、セキュリティ面も安心です。

稟議書や出張申請などの回覧・承認業務を業務プロセスを可視化しながら、効率的に電子決裁できるワークフローシステムです。柔軟な回覧ルートの設定やパラエル回覧機能により、申請漏れや承認遅滞を回避することができます。

情報セキュリティ対策で定評のある企業が提供するワークフローシステムで、働き方改革のサポートも期待できます。Webシステム上でIT資産管理をすることができ、ソフトウェアやPCの利用申請にも対応しています。

簡易申請から複雑な申請まで、企業の業務に合ったワークフローを簡単に構築・編集できるワークフローシステムです。リアルタイムで情報を一元管理することができるとともに、データ分析による二次活用も容易にしています。

使い慣れたExcel帳票やメールで行っている申請・決裁業務を簡単に電子化できるワークフローシステムです。ユーザー数に依存しないライセンス体系で、経験豊富なSEが独自のワークフレームを活用しながら業務効率化をサポートしてくれます。

社内のあらゆる申請業務をペーパーレス化、効率化することができるワークフローシステムです。クラウド上で管理できることから、スマホを使っていつでもどこでも申請・決裁業務を処理することが可能。シンプルなインターフェースは使う人を選びません。

特別なスキルや専門的な知識なしで、申請業務を電子化することができるワークフローシステムです。Excelの活用、画面設計ツールでのWebフォーム作成の2つから選択可能で、ルート制御やデータ連携により会社独自のワークフローを構築することができます。

申請・承認業務の電子化により決裁スピードを向上させることができるワークフローシステムです。サンプルフォームやオリジナル申請フォームを活用できるため、パソコンに不慣れな人でも複雑な承認ルートを伴う申請業務ができます。

直感的な操作と紙ベースと同様の使いやすいさで、申請業務を効率化できるワークフローシステムです。充実した回覧承認フロー機能により利便性の高さも魅力。リアルタイムで申請・決裁業務の進捗状況を確認することもできます。

ExcelをWeb化するのではなく、そのまま活用するタイプのワークフローシステムです。使い慣れた画面レイアウトや機能をそのまま活用することができます。決裁後の申請書情報は自動的にデータベース化されるため、検索や二次活用も簡単です。

rakumoワークフローはスマホやタブレットで簡単に操作できるワークフローシステム。情報がスピーディーに共有化され、決済できるので働き方改革はもちろんのこと、テレワークにも有効です。

本文や添付物の全文を検索し、情報を一元管理。文書のワークフロー化の権限が管理者にあるため計画が立てやすく、統制の強化をサポートします。

申請書の提出・承認・管理作業といったワークフローに特化した、パソコンとスマホ対応の月額制クラウドサービスです。

G SuiteやMicrosoft 365といったグループウェアに組み込める、クラウド型のワークフローアプリケーションです。

クラウド型のワークフローシステムとして、デバイスやOSなどに制限されることなく利用することができます。

既存の紙の書式を維持したままデジタル変換して承認作業へ取り込める、クラウド型のワークフローシステムです。

数万人のユーザー・数千業務のデジタル化にも適合した、大企業対応のクラウド型ワークフローシステムです。

シンプルな設計で操作性が高いワークフローシステム。全ての申請書類を一元管理でき、CSVやPDFへのエクスポートもできます。

シンプルな設計で申請から経理処理まで、すべての業務がWEBで完結できるクラウド型ワークフローシステムです。

プログラミング不要、タスクをドラッグ&ドロップするだけでワークフローを簡単に設定できるソフトウェアです。

企業内のワークフローを集約できる「システム共通基盤型ワークフロー」として幅広く活躍します。複雑な承認ルート設定に対応しているので人事異動、組織改編にも対応可能。

初期費用0円で1ユーザー300円の価格設定が魅力の「Styleflow」。誰にでも簡単に使えることが特徴のひとつです。

Excel稟議書の問題解決に 導入の負担がかからない
ワークフローシステム3選
Excelフォーマットをそのまま使用!感覚的に使えるシステム
ワークフローEX
イメージ
引用元:ワークフローEX公式サイト(https://www.workflow-ex.jp/)
クラウド&オンプレミス
既存フォーマット利用
Excelデータ抽出
ローカル環境対応
組織変更の事前設定
承認フロー途中の編集
OS依存がない
Excelモバイル申請
使い慣れた画面レイアウトや機能で稟議書の作成・編集が可能
AppRemo(旧:羅針盤ワークフロー)
イメージ
引用元:AppRemo(旧:羅針盤ワークフロー)公式サイト(https://solutions.system-exe.co.jp/appremo)
クラウド&オンプレミス
既存フォーマット利用
Excelデータ抽出
ローカル環境対応
組織変更の事前設定
紙のようなインターフェースで簡単に書類申請ができる
AgileWorks
イメージ
引用元:AgileWorks公式サイト(https://www.atled.jp/agileworks/)
Excelデータ抽出
組織変更の事前設定
承認フロー途中の編集
OS依存がない

※サイト内に掲載しているワークフローシステムの内、Excelと互換性があり、当サイトで定めた8つの項目をクリアしている数が多いものを選出。