失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » 業務デザイナー

業務デザイナー

業務デザイナーの製品の特徴

業務の見える化が実現できる

業務デザイナーでは、業務フロー図をワークフローとして活用することで、業務全体の流れを把握しながら申請・承認を行うことが可能です。
「書類が誰のところでどういう状態になっているのか」を確認できるため、 全体の進捗を確認することができるのが魅力です。

知識がなくても構築・編集ができる
業務デザイナーでは多彩な標準テンプレートをもとにレイアウトの作成ができるため、汎用性が高くプログラムの知識がない人でも構築や編集を行うことができます。

また複雑な申請ルートにも対応しているため、どのようなシーンにも柔軟に対応できるのが特徴です。

いつでもどこでも確認できる

パソコンだけでなく、モバイル端末にも対応している業務デザイナー。モバイルからでも申請・承認ができるため承認や決裁をスムーズに行うことができます。

また情報をリアルタイムでキャッチできるため、「誰」が「いつ」やっても問題ないような仕組みを実現できます。

業務デザイナーの主な機能

業務デザイナーは申請書の作成だけでなくデータ分析や他システムの連携も可能なワークフローシステムです。

業務を電子化することにより、稟議申請データから「稟議台帳」を出力したり、問い合わせデータから「製品別・内容別お問い合わせトレンド」をボタン一つで出力したりできるなど、データの分析を柔軟に行うことができます。

また生産管理システムとの「製造指図発行」「製造記録登録」や、販売管理システムとの「受発注登録」「売上仕入登録」など、他システムの連携も簡単に導入できるため、入力ミスをなくした内部統制を実現することも可能です。

業務デザイナーでは業務を電子化することで高度な柔軟性をもたせ、業務の効率化と業務プロセスの統制をバランスよく実現します。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

おすすめのワークフロー
システム3選を見る

機能

業務デザイナーのサービス紹介動画

引用元:YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=wUs22kI3aXA)

「業務デザイナーのサービス紹介動画」について

こちらの動画では、紙での手作業による非効率性や、手動ゆえの遅れや不備、承認漏れといったデメリットを、業務デザイナーを活用することで、大きく改善できる旨がアピールされています。

それこそ、紙で用いているのと同じ、使い慣れた帳票をそのままシステム上で用いることができるので、違和感を極力なくし、スムーズにデジタル化へ移行できるとしており、また業務フロー全体を模式図で分かりやすく確認できるとのこと。複雑な案件でも、個々の進行状況がリアルタイムで関係者に共有でき、業務の効率化を促進できると解説されています。

業務デザイナーの料金プラン

月額 公式サイトに記載がありませんでした
年額 公式サイトに記載がありませんでした
契約期間 公式サイトに記載がありませんでした
保存容量 公式サイトに記載がありませんでした
ユーザー数による初期費用 公式サイトに記載がありませんでした

業務デザイナーはこんな企業におすすめ

企業内の様々な業務を柔軟に仕組み化できる機能を備えている業務デザイナー。他システムとの連携や単一業務の分析・複数業務の集約分析、モバイル最適化など汎用性の高い機能を備えているため、規模の大小に関わらず幅広い企業におすすめできるワークフローシステムです。

業務デザイナーの開発元情報

会社名 株式会社ユニオンシンク
所在地 公式HPに記載なし
URL https://www.utc-net.co.jp/
電話番号 03-5425-7211

業務デザイナーのまとめ

業務デザイナーはまさに、「名は体を表す」の諺の通り、ワークフロー全体をビジュアル画面で、見やすく分かりやすく可視化できるというのが、大きなメリット。関係者が頭の中で描かなければならなかった図面を、間違いなく正確にデザインして表示してくれるというのが、大きな特色であり利点と言えるでしょう。

その上で、稟議申請に関する書類をデータ化して保存しておき、特定の分類やキーワードで検索するといったことも容易に。特定のデータを抽出して分析に活用するといったことも自在に行えます。さらにはた生産管理システムや販売管理システムとの連携も行えるので、幅広い業種の企業に対応できるシステムであると言えるでしょう。

「目的別」
ワークフローシステム3選

目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

既存書類と同じ見た目で
デジタル化したい
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
既存システムと
連携させたい
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
様々な承認ルートに
適応させたい
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
3選を見る