失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » ExchangeUSE

ExchangeUSE

ExchangeUSEは、富士電機株式会社が開発・提供を手がけるワークフローシステムです。ここでは、ワークフローシステムの導入を検討中の方に向けて、ExchangeUSEの主な特徴や機能、料金プランについてまとめて紹介します。

ExchangeUSEの製品の特徴

業務に合わせて複数の組織マスタを管理可能

ExchangeUSEは業務ごとにマスタを切り替えることによって、都合に合わせた複数世代管理が可能な点が特徴のワークフローシステムです。例えば、「旅費経費精算」「総務書届」「勤怠管理」という3つの業務が並行してある場合、それぞれのマスタ切替日を個別に設定・管理できます。前期で発生した申請案件の承認フローは前期の所属部署での役職者に回す、といった柔軟な対応が可能になるため、日頃の業務効率化に繋がります。

処理漏れを防ぐアラート管理

ExchangeUSEの管理画面では、申請案件ごとにアラーム通知を設定できます。アラームのタイミングとしては、案件納期と処理希望日の2つに分けて設定できるため、あらかじめ納期アラーム情報を管理画面で一覧できるほか、期限を超過したステータスから案件処理の優先度を判断するためにも役立てられます。

フリースタイルワークフロー機能でさらなる業務効率化も可能

ExchangeUSEには、作成した申請書間で自動的にデータを連携する「フリースタイルワークフロー」機能が搭載されています。例えば、「購入依頼申請書と購入依頼書」、あるいは「パソコン持出申請書と帰社報告書」といったように、ある申請が承認されたときにその申請内容を引き継いだうえで次の申請に必要な書類が自動で作成されます。これにより、日常的に発生するルーティン的な承認業務を大幅に効率化できます。

ExchangeUSEの主な機能一覧

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。

ExchangeUSEの料金プラン

旅費・経費精算
ワークフロー【/利用人数】100名:110万円、1000名:825万円/【/CPU数】1CPU:550万円勤怠管理
ワークフロー【/利用人数】100名:110万円、1000名:825万円/【/CPU数】1CPU: 440万円

フリースタイル
ワークフロー
【/利用人数】100名:77万円、1000名:577.5万円/【/CPU数】1CPU:440万円

いずれも税込価格です。

ExchangeUSEはこんな企業におすすめ

ExchangeUSEは、

といった企業におすすめのワークフローシステムといえます。ワークフローの導入を検討中の方はぜひ参考のうえ、自社に合ったシステム選びにお役立てください。

ExchangeUSEの開発元情報

会社名 富士電機株式会社
所在地 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
URL https://www.exchangeuse.com/
電話番号 03-5435-7111
「目的別」
ワークフローシステム3選

「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

業務フローのペーパレス化
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
IT統制の強化
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
業務プロセスの自動化
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選 ⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選