失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » NCIWF

NCIWF

NCIWFの製品の特徴

外部システムと連携ができる

NCIWFにはパッケージ版とクラウド版があります。クラウド版はフルスペックとなっており、グーグル(GAE/GCE)、アマゾン(AWS)、マイクロソフト(Azure)などのクラウド環境で利用可能です。

Google AppsやOffice365との連携も可能です。

文書資産をNCIWF上で一元的に保管

基本的なワークフロー機能に加え、過去の申請・承認・決裁で使用した文書資産をNCIWF上で一元的に保管・再利用することが可能です。

また、申請書に添付された文書も含め、検索やバージョン管理にも対応しており、社内のナレッジストックを有効活用することができます。

複雑な承認ルートにも対応

NCIWのワークフローシステムでは複雑な承認ルートにも対応しており、分岐や並列、合議、多数決、人数指定など、多様な承認方法を設定することができます。

また組織変更時には異動情報の事前登録をすることによって、新組織と旧組織の間をスムーズに移行することができます。

NCIWFの主な機能

数々の組織変更に柔軟に対応できる機能の高さが魅力のNCIW。NCIWは、新旧組織間の移行期における共存フローの設定や、自動切り替え、事前登録、有効期間など、人事異動に柔軟に対応できるシステムを備えています。

また、従来では対応が難しかった複雑な承認ルートにも対応しているため、小規模な組織から大規模な組織まで幅広く利用することができます。NCIWは申請や承認のための文書管理ツールとしても利用でき、システムで処理された文書はすべてNCIWF上に保存されるため、検索やバージョン管理にも便利です。

ESBの実装による外部連携にも対応し、さまざまな業務システムと接続して運用できるNCIW。幅広い作業工程を可視化でき、業務の効率をアップすることができます。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。

統合文書管理システム関連

MDM(Master Data Management)システム関連

その他

NCIWFの料金プラン

月額 公式サイトに記載がありませんでした
年額 公式サイトに記載がありませんでした
契約期間 公式サイトに記載がありませんでした
保存容量 公式サイトに記載がありませんでした
ユーザー数による初期費用 公式サイトに記載がありませんでした

NCIWFはこんな企業におすすめ

複雑な業務プロセスをシンプルなワークフローとして実現することが可能なNCIW。

様々な外部システムやクラウドサービスと連携がとれるうえに、組織変更や人事異動にも柔軟に対応できるため、大規模で複雑な業務が多い企業におすすめのワークフローシステムです。

NCIWFの開発元情報

会社名 エヌシーアイ総合システム株式会社
所在地 東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル12階
URL https://www.nci.co.jp/
電話番号 03-5348-7180
「目的別」
ワークフローシステム3選

「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

業務フローのペーパレス化
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
IT統制の強化
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
業務プロセスの自動化
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選 ⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選