失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » Shachihata Cloud

Shachihata Cloud

Shachihata Cloudの製品の特徴

電子署名や電子印鑑が使える

印鑑でおなじみのシヤチハタブランドということを活かし、Shachihata Cloudでは電子署名や電子印鑑を利用できます。認印ならすぐに作成・利用ができ、今利用しているどんな印鑑や署名でもそのまま電子化することができるのが特徴です。もちろんスマホからでも印鑑を利用できます。

宛先を指定するだけで回覧できる

Shachihata Cloudでは電子印鑑で捺印した文章はそのまま回覧に回すことができます。いつものメールのように宛先を指定するだけで回覧ができ、回覧の状況もそのままオンラインで確認することができます。

社外のユーザーも登録無しで利用できる手軽さが魅力です。

スケジュール管理機能

Shachihata Cloudではスケジュールの管理も可能です。プロジェクトメンバーに自分のスケジュールを共有したり備品や会議室の予約もできるため、業務をより効率よくスムーズに進めることができます。

自分だけでなくメンバーの予定も確認できるため、スケジュールの調整がしやすくなっています。

Shachihata Cloudの主な機能

シヤチハタブランドらしく、電子印鑑対応のワークフローに対応しているShachihata Cloud。書類をデジタル化しても、捺印などいつも通りの業務の進め方で書類の回覧を行うことができます。また、社員の氏名や日付の他に社印などのオリジナル印面も捺印ができるようになっているのも魅力です。

PDFファイルの印影をクリックすると捺印の履歴を確認することができるため、いつ誰が確認したのかを可視化することができます。

ビジネスプロセスそのまんま(BPS)という考え方を導入しており、申請された書類に捺印をして次の承認者に回すといった業務フローもそのままワークフローシステムに取り込むことができます。そのためマニュアルや研修が必要なく直感的にシステムの運用することが可能となっています。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。

印面利用者ライセンス

有償オプション

Shachihata Cloudの料金プラン

印面利用者ライセンス

月額 1利用者 110円(税込)
年額 公式サイトに記載がありませんでした
契約期間 1年単位
保存容量 公式サイトに記載がありませんでした
ユーザー数による初期費用 公式サイトに記載がありませんでした

Shachihata Cloudはこんな企業におすすめ

シヤチハタが推進する、BPS(ビジネスプロセスそのまんま)はビジネスプロセスをそのままデジタル化することをコンセプトとしています。

今までのビジネスプロセスをそのままデジタルに移行できるため、新しいシステムを導入することに抵抗感がある人でも比較的受け入れやすいのが特徴です。

Shachihata Cloudの開発元情報

会社名 シヤチハタ株式会社
所在地 愛知県名古屋市西区天塚町4-69
URL https://www.shachihata.co.jp/
電話番号 052-521-3635
「目的別」
ワークフローシステム3選

「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

業務フローのペーパレス化
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
IT統制の強化
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
業務プロセスの自動化
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選 ⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選