失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » 承認Time

承認Time

承認Timeの製品の特徴

かんたん設定で手軽に導入

承認Timeはクラウドサービスのため、面倒なバージョンアップや保守メンテナンスの必要がありません。サーバーやソフトウェアの購入も必要なく、従業員情報・承認フロー・文書フォームの設定が完了すればすぐに使うことができるため、導入後すぐに本稼働できる手軽さも魅力です。

マウス操作だけで文書フォーム作成

承認Timeの文書フォーム作成では、テキストエリア、リスト選択、表組、四則演算など、豊富な入力項目を組み合わせて社内の用途にあった文書フォームを作成できます。文書フォームは無制限に登録できるため、今まで使用していた社内の文書を電子化できます。

いつでもどこでも申請・承認が可能

スマートフォン・マルチOSに対応しているため、場所を選ばずいつでもどこでも申請・承認が可能です。外出先や出張先、リモートワークでもスピーディーに意思決定ができるため申請書類の承認が溜まることがありません。承認にかかる時間を大幅に短縮し、業務効率の向上を後押しします。

導入実績数 記載なし
デモ・トライアル
IT補助金の対応 記載なし
シングルサインオンサービス連携 記載なし

承認Timeの主な機能

承認Timeでは、ラジオボタン、選択リスト、四則演算など、豊富な項目を組み合わせるだけで、申請書・稟議書・報告書など、文書フォームを自由に設定することが可能です。

マウス操作だけで設定でき、運用後のメンテナンスも簡単です。承認経路は、OR承認・AND承認など、ルートを柔軟に設定が可能。複雑な承認経路の設定もできるだけでなく、議事録や報告書の回覧ルートも設定ができるようになっています。

また、経費精算システム「経費BankII」と連携すれば、経費Bankの精算額が承認Timeで承認された金額を上回っていないかを自動でチェックすることができます。承認額を超える経費精算を申請できないようにすることも可能です。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
おすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください

自社の課題解決につながる
おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選

モバイル入力

文書フォーム設定

申請機能

承認機能

管理・設定機能

承認Timeの主な機能

承認Timeの使用画面
引用元:SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
(https://shonintime.sbi-bs.co.jp/about)

承認Timeのサービス紹介動画

引用元:YouTube
(https://www.youtube.com/watch?v=kksGQCEsO_k)

「承認Timeのサービス紹介動画」について

こちらの動画では承認Timeの特徴である稟議や出張申請といった承認申請をクラウド上で行えるというメリットが分かりやすく解説されています。クラウド型なので、オフィスのパソコンからだけでなく、外出先でもスマートフォンからアクセス可能。誰でもどこからでも利用することができ、スピーディな意思決定とペーパーレス化に役立つとアピールされています。

動画の後半では、承認Timeの実際の画面を用いて、書類の作成手順、承認作業のやり方を分かりやすく解説。書類の検索機能や多言語翻訳機能も紹介されています。

承認Timeの料金プラン

システム利用料

月額 10ID 3,300円(税込)
年額 公式サイトに記載がありませんでした
契約期間 公式サイトに記載がありませんでした
保存容量 10GB
ユーザー数による初期費用 0円

承認Timeはこんな企業におすすめ

見やすく直感的に使える操作画面と、誰でもすぐに使えるシンプルな操作とわかりやすい機能が承認Timeの魅力です。

パソコンだけでなくスマートフォンにも最適化されているため、手軽にワークフローシステムを導入したい会社やリモートワークが多い会社、外出が多い人におすすめのシステムです。

承認Timeの開発元情報

会社名 SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
URL https://shonintime.sbi-bs.co.jp/
電話番号 03-6229-0809

承認Timeのまとめ

以上の通り、承認Timeはクラウド型システムなので、自社内にサーバーを設置するといった多額の設備投資は不要。インターネット接続できる回線と端末があれば、IDとパスワード入力だけで誰でも利用でき、もちろんITやプログラミングに関する深い知識も必要ありません。

それこそ、これまでアナログ式の申請や承認を続けてきて、デジタル化、ペーパーレス化の必要を感じてはいるものの、なかなか決断・実施できないでいるという企業には、まさに打ってつけ。比較的リーズナブルな費用で、ペーパーレス化と迅速な意思決定を実現できるというのが、大きな魅力と言えるでしょう。

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る