失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ペーパーレス化のノウハウ » ペーパーレス化事例集

ペーパーレス化事例集

ペーパーレス化をすると業務はどのように変化するのでしょうか。この記事では実際にペーパーレス化した事例をいくつか紹介します。

ペーパーレス化に成功した3つの事例

イズミ物流株式会社の事例

同社では以前、毎日100件近い稟議書をメールやFAX、紙で受け取っていたため、書類の見落としや紛失が多く発生していました。また膨大な量の書類があるため、承認者が承認したかどうかわからなくなってしまうという問題も抱えていました。取引先への支払い書類や社会保険の加入書類といった重要な書類が迷子になることも多く、取引先に迷惑をかけてしまうなんてことも。

会社全体でペーパーレス化を導入したところ、稟議書類の紛失や「〇〇さんで止まってます」というがなくなり業務がスムーズに行えるようになりました。また、過去の稟議書との比較がしやすくなったため、経理部門が検証機関としての役割も果たせるようになったのも大きな収穫です。

参照元HP:Streamline
https://streamline.mitori.co.jp/case-studies/izumi/

菊池建設株式会社の事例

紙書類に捺印した書類の郵送は紛失の恐れがあるため、拠点間で書類を移動するときは必ず社員が手持ちで書類を運んでいました。しかし定期的に書類を運ぶ担当者がいないため、誰も行かない日が何日か続くと大量に書類が溜まってしまっていました。

ペーパーレス化を導入した今、拠点間で書類を移動する手間がなくなったのはもちろんのこと、以前はちょっと会社に来ないともう見たくない量の書類が机に溜まっていましたが、今は全くなくなったので大変助かっています。

参照元HP:Streamline
https://streamline.mitori.co.jp/case-studies/kikuchikensetsu/

社会福祉法人ことの海会の事例

各施設の請求業務を月初に集中して取り組んでいましたが、紙で管理している情報が多くイレギュラーな事情にも対応しきれないため、担当者の負担が大きくなり困っていました。また、紙の稟議書は承認までに時間がかかるため、なかなか業務がスムーズに進みませんでした。

ペーパーレス化後はデータ入力を自動化することによって年間550時間の業務時間を削減に成功。データ入力にかかる時間がなくなったことで、月初めの繁忙期にも余裕を持って仕事ができるようになりました。また2週間かかっていた決裁が3~4日で済むようになったのも大きなメリットです。

参照元HP:ドコモビジネス
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/casestudy/kotonoumikai/

ペーパーレス化は様々なメリットがある

上記で紹介した3つの事例を見てみると、承認にかかる時間を短縮することで業務の効率化に成功しただけでなく、書類の紛失リスクを下げるなど、セキュリティ面でも多くの効果があったようです。

ぜひこの機会に書類のペーパーレス化に取り組んでみてはいかがでしょうか。

「目的別」
ワークフローシステム3選

「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

業務フローのペーパレス化
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
IT統制の強化
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
業務プロセスの自動化
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選 ⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選