失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローのFAQ

今さら聞けないワークフローFAQ

ワークフローやワークフローシステムについて、企業の担当者がよく疑問に思うポイントをまとめて解説します。これからワークフローの改善やワークフローシステムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

「電子帳簿保存法」とワークフローシステムの関係は?

これからワークフローシステムの導入を考えている企業であれば、理解しておきたいのが電子帳簿保存法です。この電子帳簿保存法は会社文書の電子保存を認める法律で、企業にとって様々なメリットをもたらします。電子帳簿保存法に対応することで得られるメリットと、法律に柔軟に対応できるワークフローシステムを選ぶポイントを知っておきましょう。

ワークフローシステムは外出先からでも使えるのか?

ワークフローシステムには「オンプレミス型」と「クラウド型」の2種類があり、このうちクラウド型システムであれば社外からのアクセスが可能です。近年はリモートワークの普及に伴い、社内外からいつでもどこでもアクセスできるクラウド型のシステムやサービスの需要が高まっています。ただし、クラウド型システムはセキュリティ対策を講じにくいため、信頼できるITベンダーを見極めることが大切です。

そもそも「ワークフロー」とは?

「そもそもワークフローが何を意味するのかイマイチ理解していないけど、今更周りに聞けない…」という方向けに、ワークフローとは何なのか、ワークフローシステムを導入するメリットは何なのかといった基本知識を紹介しています。これからワークフローシステムを導入しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

回覧文書のルールと書き方とは?

社内の情報周知に用いられる回覧文書には、スムーズな情報伝達を実行するうえで守るべきルールがあります。また、回覧文書を電子化することは企業に様々なメリットをもたらします。ここでは、回覧文書の書き方についてのコツと電子化のメリットをまとめて紹介します。

会社文書の保存期間とシステム導入のメリットとは?

人事、経理、総務など各部門で日々使用している書類には、法律で一定期間尾保存が義務付けられていることをご存知でしょうか。ここでは、保存が必要な会社文書の種類を、その保存期間ごとに分けて一覧で紹介します。

「目的別」
ワークフローシステム3選

「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

業務フローのペーパレス化
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
IT統制の強化
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
業務プロセスの自動化
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選 ⾃社の課題をスッキリ解決︕【⽬的別】 ワークフローシステム3選