失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローの基礎知識 » ワークフローシステムの英語対応が重要なわけとは?

ワークフローシステムの英語対応が重要なわけとは?

デジタル化が進みゆく昨今、企業における承認プロセスも紙から電子へと媒体が切り替わりつつあります。そのシステムを「電子決裁」や「ワークフローシステム」といいますが、ここではそれらにおける英語対応の必要性・重要性について解説します。ワークフローシステム選びにお悩みの方はぜひ参考情報としてチェックして下さい。

外国人労働者が増えている背景

日本では少子高齢化が進んでいることがあり、労働力不足という大きな課題を抱えている企業が増えています。そのため技能実習生などを含めた外国人労働者の存在に頼っている企業が多くなっています。また、さまざまな場面においてグローバル化が進んでいることもあり、国境を越えた労働者の移動もしやすくなっているため国際的な労働力の流れが活発になっていることも外国人労働者が増加している要因の一つです。英語は世界で最もスタンダードな言語ですので、外国人労働者の取り込みに柔軟に対応するためには導入するシステムが英語に対応しているかどうかが非常に重要なポイントになっています。

英語対応のワークフローシステムを検討したほうが良い会社とは?

英語は世界において共通言語として用いやすい言語ですので、今後国際的にビジネスを展開する場合に英語対応のワークフローシステム導入はニーズが出て来るでしょう。ここでは具体的にどういう会社で導入すべきかを解説します。

外国人の従業員が多い企業

前述の通り、さまざまな事情・要因によって外国人労働者を受け入れる企業が増えています。さまざまな国籍の労働者を雇用するとなると、社内における共通言語がなければコミュニケーションをとることが難しくなってしまいます。最近の企業では社内で使用する公用語を英語としているケースもあるなど、「英語が当たり前」の環境が増えてきています。実際、小学校の授業にも英語が追加されるなど、日本全体として英語学習に力を入れているという側面もあります。

海外に拠点がある企業

海外に拠点を設けている企業の場合、現地スタッフとのやり取りをする際にどの言語で行うかも重要なポイントになります。本社が日本で拠点が海外、もしくはその逆の場合などにおいて、英語を共通言語として使用するとスムーズなケースが多いでしょう。地理的遠隔性があることも鑑みるとコミュニケーションはスムーズである方がいいに決まってますので、双方がスムーズに理解することができる英語を用いることが多くなっています。

グローバル化を目指す企業

英語に対応しているシステム導入を検討するのは、既に海外進出している企業だけではありません。これからの時代、ビジネスを拡大していくにあたってはマーケットを世界に広げる必要があり、グローバルに事業を展開するためには国境を越えたコミュニケーション能力として英語が必須になります。そうなると社内におけるシステム関連の取り扱いも英語に対応している方がスムーズに運用することができますので、世界進出を狙う企業は英語対応システムの導入検討をおすすめします。

まとめ

インターネットをはじめとしたIT技術の発展もあり、今では場所を選ばず仕事ができるようになりました。この「場所を選ばない」という概念は自宅と会社という距離に留まらず、国境をまたぐようなケースにも適合しています。今後グローバルなビジネス展開を視野に入れられている方は、英語に対応しているワークフローシステムや電子決裁システムの導入をおすすめします。このサイトではさまざまなシステムをピックアップして紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る