失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローの基礎知識 » 製造業でのワークフローシステムの選び方

製造業でのワークフローシステムの選び方

業務を効率化できるワークフローシステムは、製造業においても導入することによって生産管理や在庫管理の効率化が期待できます。この記事では、製造業がワークフローシステムを選ぶときにどのような点に注目すべきかを調べ、まとめました。ワークフローシステムの導入を考えている製造業の方は、ぜひ参考にしてください。

製造業での選び方とは?

製造業でワークフローシステムを選ぶ際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。ワークフローシステムは紙ベースから移行しやすいように直感的な操作が可能になっているなど、特徴の似た製品が多くあります。ここでは、ワークフローシステム選定のポイントを2つ挙げてみました。

自社に必要な機能を確認する

ワークフローシステムには、様々な機能があります。

製造業の業務も、生産管理や品質管理、在庫管理など様々なプロセスがあり、ワークフローシステムを導入することによる効率化が見込めます。日報の提出や管理がシステムで可能なもの、経費精算業務を効率化できるものなど、自社でどの機能が必要であるのかを明確化すれば、ワークフローシステムを絞り込むことができるでしょう。簡単操作で誰でも使えるものであることもポイントとなります。システム操作に不慣れな従業員がいれば活用が遅れる恐れがあるため、簡単に操作できるツールを選ぶことで迅速にシステムを活用することができます。

また、ワークフローシステムが将来的に拡張できるか、カスタマイズできるかも確認しておくべきポイントです。市場変化に柔軟に対応するため、ワークフローシステムも柔軟な対応ができるものを選ぶと良いでしょう。

既存のシステムやフォーマットと連携できるかを確認

製造業では、すでに生産管理システムや在庫管理システムを導入していることがほとんどです。だからこそ、新たに導入するワークフローシステムが既存システムと連携できるかどうかを確認しておくことが必要です。

連携をスムーズに行うことができれば、既存システムからデータを受け渡し、生産計画や在庫情報をスムーズに反映することができます。また、ワークフローシステムでの承認を既存システムに連携させることもできるでしょう。

スマホなどのモバイル端末から操作できる製品もあり、操作になれた端末を使用できるためスピーディーな承認や申請ができます。サポートが受けられるかどうかも含めて検討してみると良いでしょう。

製造業のワークフローシステム導入はあらゆる問題の解決に繋がる

製造業がワークフローシステムを導入することで、生産計画の最適化や在庫の正確な管理ができるだけでなく、業務効率化が実現できます。承認プロセスが可視化できれば適切な監査トレースが可能となるため、内部統制の強化にもつながるでしょう。

また、ワークフローシステムの導入は配送手続きの管理、手間、コスト削減にもつながります。ドライバー不足による輸送費の高騰、発送から納品までのリードタイムが長期化するといった2024年問題が目前に迫る中、対策の1つにもなり得るはずです。ぜひ自社に合うワークフローシステムを見つけてください。

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る