失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローの基礎知識 » ワークフローシステムにおけるセキュリティ対策

ワークフローシステムにおけるセキュリティ対策

ワークフローシステムの導入により業務の効率化が期待できますが、導入にあたってはセキュリティ対策を十分に行っていく必要があります。こちらの記事では、ワークフローシステムを導入する際に考えたいセキュリティ対策についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ワークフローシステムにおけるセキュリティ対策について

ワークフローシステムは、申請や承認などに関する一連の業務を自動化できるシステムです。導入により業務を効率的に行えるようになることから、ぜひ企業では導入を検討したいシステムですが、個人情報や機密情報を多く含むデータがやりとりされるため、セキュリティ対策をしっかりと行っておくことが非常に重要なポイントであるといえます。

もし情報が漏洩してしまった場合には、企業や個人に大きな影響が出る可能性もあります。そのため、ワークフローシステムのセキュリティについては十分な対策を行っておきましょう。例えば、以下で紹介する方法が考えられます。

アクセス制御

ワークフローシステムにおいては、アクセス制御を行うことが大切です。例えば、全ての従業員がさまざまな情報に容易にアクセスできる状態のままだと、外部にその情報が流出するリスクがあるといえます。

そのため、2段階認証やパスワード設定を用いてアクセス制御を行い、それぞれの従業員が必要とする情報にのみアクセスできるようにしましょう。また、役職に応じた設定を行うことも大切です。このようなアクセス制限の実施により、セキュリティレベルを高められます。

データ暗号化

ワークフローシステムでは、非常に多くのデータがやりとりされます。企業にとって重要な機密情報や個人情報などが含まれる書類がデジタル形式で管理されますので、データを暗号化して保護することが必要となります。暗号化対策を行っておけば、万が一不正にアクセスされてしまったとしてもデータの解読が行えないため、情報の漏洩を防げるようになります。

もし対策を行わずに情報が漏えいしてしまうと、結果として企業としての信頼を失ってしまうおそれも考えられます。また、機密情報が外部に漏えいすることによって、市場における自社の優位性が損なわれてしまう場合もあるかもしれません。

この点から、暗号化によってデータを適切に保護することはワークフローシステムを導入する上で非常に重要なポイントであるといえます。

セキュリティソフトウェアの導入

ワークフローシステム導入にあたっては、システムそのものの保護についてもしっかりと検討する必要があります。セキュリティソフトの導入により、マルウェアの侵入を防いだり、不正アクセスなどの攻撃を検知できるようになります。

この場合、ウイルス対策ソフトやファイアウォールの導入が考えられますが、複数を組み合わせることによって、よりセキュリティレベルを高められます。

セキュリティポリシーの策定・浸透

組織においてセキュリティ対策を行う場合には、セキュリティポリシーを策定し、従業員に対して浸透させるのも大切なポイントといえるでしょう。ここでは、「機密情報の取り扱い方」や「パスワードの管理方法」などについて取り決めを行っておくことが大切です。

また、従業員に対してセキュリティポリシーを浸透させるためにも、定期的なトレーニングを行っていきましょう。セキュリティに関するトレーニングの機会を定期的に持つことにより、ポリシーを遵守するという意識づけを行えます。

定期的なセキュリティ監査

ワークフローシステムの導入を行う場合には、定期的なセキュリティ監査も重要なポイントです。セキュリティレベルについて評価を行っていくことにより、もし不備や脆弱性などがあった場合にも見逃しを防げますので、内部監査または第三者による定期的な監査が非常に大切です。

このように定期的に監査によって必要なセキュリティ対策を行えますので、ワークフローシステムのセキュリティを向上させていくことができます。

ワークフローシステムには十分なセキュリティ対策が必要

会社にとって重要な情報を扱うワークフローシステムを導入する場合には、十分なセキュリティ対策を講じることが非常に重要なポイントとなってきます。もし対策を行わなかった場合には、機密情報が流出してしまい、企業や関係者に大きな影響を与えるおそれもありますので、しっかりと対策を行っていくようにしましょう。

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る