失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローの基礎知識 » ワークフローシステムで販売管理の効率化は可能?

ワークフローシステムで販売管理の効率化は可能?

こちらの記事では、販売管理の主な業務フローについて解説しています。受注管理・出荷管理・請求管理・在庫管理・仕入れ管理について、それぞれ何を管理しているのか、また具体的にどのような対応を行うのかなどについてまとめました。

販売管理の主な業務フローについて

販売管理における主な業務フローは、商品を受注してから出荷までの一連の流れを管理するためのプロセスです。この業務フローを効率的に進められれば、受注処理がスピーディーに行える、在庫を最適化する、顧客サービスの質を向上させられるなどさまざまなメリットが得られます。

そこで、ここでは販売管理の主な業務フローについて見ていくことにしましょう。

受注管理

受注管理では、受注してから商品を出荷するまでの一連のプロセスを管理していきます。

ここでは、最初に作成した見積書を顧客に提示した上で、価格・納期などの条件を確認します。顧客との合意が取れ、契約が成立したら受注処理を行い、受注伝票などを発行します。ここからは、在庫管理や納期調整、出荷手配などを行うことで、顧客先に商品の納品を行います。

この受注管理は、注文を正確・効率的に処理し、顧客の満足度を向上させることを目的としています。また、受注管理理においては受注情報を正確に記録・分析を行うことも重要です。これは、この情報を活用することで在庫管理の効率化や売上の分析につなげられるためです。

出荷管理

出荷管理では、受注情報をもとにして商品を出荷し、顧客のもとへ納品するという流れの管理を行います。ここでは、在庫確認や出荷手配を行うとともに、商品の適切な梱包を行ったり配送業者の手配を行ったりします。また、納品書や出荷指示書などの作成を行い、商品を顧客に発送することになります。

顧客のもとに商品を発送した後は、受領書の確認・追跡を行い顧客に正しく納品されたかの確認も重要なポイントです。この出荷管理は在庫の管理や納期を遵守する上で大切な業務。効率的で正確な出荷プロセスを確保することで、顧客満足度の向上につなげられます。

請求管理

請求管理では、商品やサービスを販売した顧客宛に請求書を発行して入金管理を行います。請求書を発行する上では、取引の内容や金額、支払い期限を明示します。その後は入金状況を確認しますが、もし未払いの状況が発生した場合には、督促や支払いを調整するなどの手続きを行います。

さらに、請求データの管理や売上データを分析することにより、会社の収益状況やキャッシュフローを把握できるようになります。このように、正しく請求管理を行うことで、キャッシュフローを安定させたり顧客との信頼関係を構築するのに役立てられます。

在庫管理

在庫管理とは、商品の在庫状況を把握し管理する業務を指します。確認するのは、主に入庫や出庫、棚卸、在庫数など。入庫は商品の受け入れ、出庫は出荷や製造への供給を指します。

定期的な棚卸しにより在庫数を正確に把握できることから、「在庫が足りない」または「在庫が多すぎる」といった状況の発生を防げます。このように、正確な在庫管理によって、顧客に対してスピーディーな対応が行えたり、在庫コストを最適化したりすることにつなげられます。

仕入管理

仕入れ管理は、商品や資材を効率的に調達するために管理を行うことです。具体的には、必要な商品・資材について需要予測を行った上で仕入れ先の選定を行います。その後、仕入れにあたって見積もりを取得したり価格交渉をしたりして、適切な条件で契約を締結し、発注を行います。

その後、発注した商品が納品されたら、正し位数量か、品質に問題がないか検品処理を行います。また、支払いについては仕入れ先から発行された請求書の内容に基づいて行います。適切に仕入れ管理を行うことは、コストの削減や生産性の向上につながることが期待できます。

ワークフローシステムの導入により効率化が期待できる

こちらの記事では、販売管理の主な業務フローについて解説してきました。ワークフローシステムの導入によって受注や出荷、請求など、それぞれの業務プロセスについて自動化や承認のフロー追跡などができるようになります。以上から、システムの導入を行うことで効率化が可能であるといえるでしょう。

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る