失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » 電子決裁とは?メリットやシステム導入の流れなどを紹介 » 電子決裁のメリット・デメリット

電子決裁のメリット・デメリット

テレワークの普及や業務効率化のために、電子決済を考えている企業も多いと思います。経費精算や稟議、見積もりなど、電子決済を導入すれば、スピード化やコスト削減といった、メリットが得られるでしょう。しかし一方で、どのようなシステムにもデメリットはつきものです。電子決済も同様で、メリットがあればデメリットも存在します。ただ、どのようなデメリットがあるのかを知ることで、対策が可能になることも確かです。メリットとデメリットを知り、電子決済の導入前にぜひお役立てください。

電子決裁のメリット

電子決済を導入するメリットは多くあります。その代表的なものとして、ペーパーレス化の実現、記入ミスと不正防止、内部統制の強化などがあげられるでしょう。これらの代表的なメリットを詳しく紹介していきます。

ペーパーレス化の実現

電子決済のイメージとして、真っ先に浮かぶのが「ペーパーレス化」ではないでしょうか。ペーパーレスは、コスト削減と作業効率の向上につながります。コスト面では、紙代、印刷コスト、そして、プリンタなどオフィス機器のコスト削減にも貢献するでしょう。

作業面では、データの検索、照会が飛躍的にスピードアップすると考えられます。そうなれば、労働環境の改善にもつながります。また、ペーパーレスによって、電子印鑑が導入されれば、判子をもらうために、会社に行く必要もなくなります。出張や営業の外回りも効率的にできるでしょう。そして、ペーパーレスは、企業イメージの向上にも貢献します。「持続可能な社会の実現」に向けて、紙資源の使用を必要最低限にしていくことは、社会的な要求でもあるからです。

記入ミスと不正防止

紙の書類の場合には、記入ミスがあると、はじめから書き直しということもあるでしょう。そうなれば、時間も手間もかかってしまいます。一方で、電子決済では、システム上で決められた記入形式がありますので、記入ミスは起こりづらくなっています。もし、ミスが発生をしても、すぐに修正ができることもメリットです。また、オンライン上の決済であれば、不正をしづらくなり、社外秘などの情報も、閲覧制限を設けることで、情報漏洩の対策が可能です。

内部統制の強化

決済については、社内でマニュアルがあるかもしれませんが、意外に細かいルールが決まっていない場合もあります。しかし、電子決済を導入する場合は、ルールに基づき処理するシステムを構築する必要があるので、いままで曖昧だった点が明確になる可能性があります。これは、社員間でルールを遵守する気運を高める効果もあり、内部統制につながるでしょう。

電子決裁のデメリット

システム導入にコストがかかる

電子決済の導入にかかわるデメリットは、一時的にかかるコストと考えられます。システムを導入するコストはもちろんですが、システムを運用する人員の確保も必要となってくるでしょう。

新たに雇用するまではいかないかもしれませんが、人員の調整や講習会への参加といったコストがかかります。また、社内での教育、マニュアルの作成なども必要です。ただ、新たなシステムを導入する場合、こうしたコストはかかってくるもの。企業としてはチャレンジしていく姿勢も大切と言えます。

まとめ

今回は電子決済のメリット・デメリットについて、ご紹介しました。コスト削減や作業効率化などのメリットに対して、デメリットは導入コストがあげられます。

しかし、業務の効率化を図ることができれば、一時的な導入コストは、すぐに回収ができるとも考えられます。費用対効果をよく検討して、より良い判断をしてください。

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
おすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください

自社の課題解決につながる
おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る