失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » kickflow

kickflow

kickflowは、オンプレミスとクラウドの良いところを取り入れたクラウド型のワークフローシステムです。ここではkickflowの特徴や料金プランについて解説します。

kickflowの製品の特徴

大企業にちょうどいいクラウドワークフロー

kickflowは、300社を超える企業への調査・ヒアリングをもとに開発されたワークフローシステムです。実際の業務の不便や課題をすべて洗い出したからこそ改善できた使いやすさが強みです。

オンプレミスとクラウドの良いとこ取りを実現

kickflowは、クラウド運用ながらもオンプレミス環境のような柔軟性を兼ね備えています。ワークフローシステムを導入するにあたり、オンプレミス環境を採用すれば、カスタマイズ性に富んでいるというメリットが得られますが、反面、日々の運用負荷がネックとなりえます。

kickflowは、日々の運用負荷を下げるためのクラウド型を採用しつつも、オンプレミス環境のようなカスタマイズ性に富んだ環境を実現しています。

kickflowで、3つの課題を解決
社内の多岐にわたる部署での申請に対応

kickflowは、「法務」「営業」「人事」「総務」「経理」「IT」など幅広い部署の申請に対応しています。

導入から運用まで手厚いサポート

利用料金内で伴走型サポートを行います。導入時には、現状の課題をヒアリングし、最適な設定の助言・立案を行います。運用開始時には業務フローへの助言や事例に基づいた最適なオペレーションの提案を行いつつ、Slack等のチャットツールでもリアルタイムに相談を受け付けます。

導入実績数 記載なし
デモ・トライアル
IT補助金の対応 記載なし
シングルサインオンサービス連携

kickflowの主な機能一覧

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

自社の課題解決につながる
おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選

kickflowの料金プラン

※料金については公式HPに記載なし
※プラン、従業員数に応じて、問い合わせフォームより要連絡

kickflowはこんな企業におすすめ

kickflowは、

といった企業におすすめのワークフローシステムです。ワークフローシステムの導入を検討している方は、ぜひ自社に合ったシステム選びに役立ててください。

kickflowの開発元情報

会社名 株式会社kickflow
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
URL https://kickflow.com/
電話番号 公式ホームページに記載なし
   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る