失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » ワークフローシステムカタログ » Flow

Flow

Flowは、SBテクノロジー株式会社が開発・提供を手がけるワークフローシステムです。ここでは、ワークフローシステムの導入を検討中の方に向けて、Flowの主な特徴や機能、料金プランについてまとめて紹介します。

Flowの製品の特徴

Microsoft Teams上で申請業務を一元管理

Flowは、Microsoft Teamsを基盤とするワークフローシステムです。申請一覧や通知など申請業務に必要な動線が全てMicrosoft Teams上で一元管理できるため、ユーザーはTeamsとブラウザを行き来することなくスムーズに承認業務を進められます。すでに社内コミュニケーションとしてMicrosoft Teamsを利用しているという企業はとくに導入しやすいワークフローシステムといえます。

ユーザー自らが簡単かつ自由にワークフローを作成可能

Flowのワークフロー申請画面は分かりやすいアイコンやボタン、プルダウンメニューなどで構成されており、エンドユーザーである申請者自身が自由にワークフローを作成できます。申請画面はプログラミングに関する知識がなくても簡単に操作できるシンプルなデザインとなっているため、システム管理者を設けなくてもユーザー1人ひとりがシステムを使いこなし、社内のDXを推進するきっかけとなります。

Microsoft製の周辺ツールと柔軟に連携

Microsoft Teamsを基盤とするFlowは、SharePointやPower AutomateといったMicrosoft 365の周辺ツールとの親和性が高いことも大きなメリットです。申請書などの各種文書をSharePointに格納し、Power Automateと連携させてCVS出力するといった対応も可能なため、社内でのデータ共有はもちろんのこと各種分析にも役立てられます。

Flowの主な機能一覧

ワークフローシステムの導入を検討する際は、導入の前後で自社の業務をどう改善したいのか、目的に合う機能で製品を選びましょう。
このサイトでは、「ワークフローの電子化」「IT統制の強化」「業務プロセスのデジタル化」の3つの視点から、
目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

おすすめのワークフロー
システム3選を見る

flowのサービス紹介動画

「Flowのサービス紹介動画」について

こちらの動画ではFlowの最大の特徴でありメリットと言えるMicrosoft Office 365との連携によって、ワークフローが誰でも簡単に作成でき、アナログ方式の申請業務をスマートにデジタル化が行える旨がアピールされています。

前述しています通り、このFlowはMicrosoft Office 365との連携によって、専門知識がなくてもワークフローを自在に作成できるようになり、しかも新たなシステム構築を行うという手間も不要。Office 365のIDとパスワードでそのまま使えるというのも便利かつ身近であると訴求されています。

Flowの料金プラン

Flowの料金プランは、開発会社であるSBテクノロジー株式会社の公式HPには記載されていませんでした。料金に関する詳細は、直接お問い合わせのうえご確認ください。

参照元:SBテクノロジー公式HP(https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/o365/flow/#section_features)

参照元:SBテクノロジー公式HP
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/microsoft365/o365/flow/#section_features

Flowはこんな企業におすすめ

Flowは、

といった企業におすすめのワークフローシステムといえます。ワークフローの導入を検討中の方はぜひ参考のうえ、自社に合ったシステム選びにお役立てください。

Flowの開発元情報

会社名 SBテクノロジー株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー5階
URL 公式HPに記載なし
電話番号 公式HPに記載なし

Flowのまとめ

以上の通り、Flowは既にMicrosoft Office 365を導入していてSharePointやPower Automateなどを運用している企業が、ワークフローの作成、申請、承認といった作業も電子化したいという場合に、まさに打ってつけのシステムと言えます。作成した申請書はSharePointに格納することができ、過去の履歴の検索も容易に行え、Power Automateを用いてCVS出力するといったことも容易。

操作画面も使い慣れたMicrosoft Office 365のもがベースとなっており、ログインも同じIDとPASSで行えるなど、それこそ普段からMicrosoft Office 365に慣れている方であれば、専門的な知識がなくても、簡単かつ短期間で使いこなせる期待が持てます。一方で、Microsoft Office 365を運用していないという場合や、パソコン端末だけでなく、スマートフォンやモバイル端末などで、外出先からも承認を行えるようにしたいという場合には、慎重に検討するべきと言えます。

「目的別」
ワークフローシステム3選

目的別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

システム導入に
時間をかけたくない
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
これから稟議書・申請書をペーパーレス化したい
  • 紙のイメージで使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
既存システムと
連携させたい
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
様々な承認ルートに
適応させたい
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務プロセスや既存システムと連携
  • 作り変え可のローコード開発
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
3選を見る