失敗しない ワークフローシステム完全ガイド » 電子決裁とは?メリットやシステム導入の流れなどを紹介 » タイムパフォーマンス(タイパ)と電子決済システムの関係

タイムパフォーマンス(タイパ)と電子決済システムの関係

タイムパフォーマンス(タイパ)への関心が高まっています。時間をかけずに効果を求める「タイパ」と呼ばれる価値観が浸透することで、業務においてもタイパの高い施策が注目を集めています。

その中で、電子決済システムとの関係性への注目も高まっています。電子決済システムはかねてから展開されていたサービスですが、タイムパフォーマンスを求める風潮から、電子決済システムとの関係が取り沙汰されています。

タイムパフォーマンス(タイパ)とは?

タイムパフォーマンスとは、「時間をかけずに効果を出す」考え方です。例えば同じ作業でも、3分かけて行うことと、1分で行うことでは、後者の作業の方がタイパが良い作業となります。

限られた時間で結果を求められる点、さらにはエンターテイメントにおいても楽しみたいコンテンツが多数あることから、映画や音楽を倍速で楽しんだり、いきなりサビやクライマックスから閲覧するなど、時間を短縮して楽しむ人が増えている点から、タイパが一躍クローズアップされるようになりました。

ビジネスにおいては、働き方改革の推進もあり、タイムパフォーマンスが重視される風潮が強まっています。

コストパフォーマンス(コスパ)との違いは?

コストパフォーマンス(コスパ)は、コストをかけずに成果を出すことです。同じ成果でも10,000円で行えたことと1,000,000円で行えたことでは、前者の方がコストパフォーマンスが高いことになります。

しかし、コストパフォーマンスには時間の概念はありません。あくまでも「費用をかけずに成果を出す」ものなので、どれだけ時間がかかったとしても、費用を抑えることでコストパフォーマンスは「高い」と判断されます。

その点では、タイムパフォーマンスとは異なる考え方で、速いか遅いかではなく、お金をどれだけ抑えるかがコストパフォーマンスの指標です。

タイムパフォーマンス改善には「業務のデジタル化」

タイムパフォーマンスを改善するためには、業務のデジタル化が欠かせません。デジタル化を推進することで、それまで手作業で行っていた業務の自動化が可能に。

それまで人間が計算していたこと、あるいは入力していたことも、デジタル化によってすべてがシステムにて作成されることで、大幅な時間の短縮、つまりはタイムパフォーマンスの改善が見込めます。

もちろん他にも様々な作業の簡素化・省力化・効率化が見込めることから、デジタル化は幅広い領域においてタイムパフォーマンス改善をもたらします。

電子決裁の導入がタイパ向上に有効

デジタル化も多種多様ですが、電子決済システムの導入もタイムパフォーマンス向上に寄与します。

電子決済システムは、現金ではなく電子データでの決済です。クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードだけではなく、QR決済も該当します。電子決済を導入することで、現金よりもスピード感のある取引が実現することから、タイムパフォーマンスの向上が期待できます。

社内業務の工数削減を実現

ワークフローを導入することで、様々な社内業務の工数を削減します。決済であれば、それまでの現金決済の場合、誰が振込に行くのか。現金をどのように調達するのか。現金引き出しの許可・確認、振込の許可、振込後の確認など多くの許可が必要です。

しかしワークフローであれば、電子決済システムにて許認可を出すのみ。そもそも、わざわざ銀行やATMまで足を運ぶ必要がありません。Web上の作業で決済を行えることから、許可を取ることですぐに決済を実現します。会社の近くに銀行の店舗やATMがなくとも、何ら問題ありません。

業務の可視化により継続的な業務改善へ

ワークフローを導入することで、業務が可視化されます。誰が何をしているのか、どこまで進んでいるのかなど、プロセスの部分が見えるようになります。それまでの現金決済では、誰がどこで何をしているのか不明瞭でした。

どこまで許可を出したのかを確認すればわかりますが、確認できるのは一部の人間のみ。そのため、周囲の人間はどこまで進んでいるのかが分からないため、頼むことで効率性をもたらすことも、頼むことができませんでした。

しかしワークフローを導入すると、どこまで進んでいるのかが把握できるので、業務改善となるでしょう。

ワークフローの電子決済でタイムパフォーマンス向上を!

ワークフローには電子決済システムが搭載されているものもあります。電子決済システムはもちろんですが、ワークフローを導入することで、それまでアナログで行っていたこと、非効率だった部分がシステム化されることで効率化され、タイムパフォーマンスの向上につながります。

業務効率化は働き方改革の推進の下、多くの企業が取り組まなければならない施策です。しかし、実際に何をすれば分からないという企業もあることでしょう。そのような企業は、ワークフローを導入してタイムパフォーマンスの向上を期待してみてはいかがでしょうか。

   
「課題別」
ワークフローシステム
(電子決済システム)3選

課題別に応じたおすすめのワークフローシステムを厳選して紹介します。
各ワークフローシステムの特徴をわかりやすくまとめたので、これからワークフローシステムを導入しようかな?と検討している場合はぜひ参考にしてください。

PCでの業務が苦手な人が
多い会社は…
Streamline
Streamline
引用元:Streamline公式HP (https://streamline.mitori.co.jp/)
こんな企業にオススメ
紙に慣れている人が多く、
シンプルなシステムを導入したい
  • 紙のフォーマットのまま使える
  • 業界最安⽔準で利⽤可能※
  • 90日間無料トライアル※2
  • 導入支援を無料で提供
解約が難しい基幹システムと
連携させたい会社は…
Gluegent Flow
Gluegent Flow
引用元:glugent-flow公式HP(https://www.gluegent.com/)
こんな企業にオススメ
グループウェアに組み入れIT統制を高めたい
  • グループウェアとして使用
  • 電子契約サービスと連携
  • IDやパスワードの発行管理不要
  • 自動処理機能も多数用意
承認者が多く、
承認経路が複雑な会社は…
intra-mart
intra-mart
引用元:intra-mart公式HP(https://www.intra-mart.jp/)
こんな企業にオススメ
業務プロセスを自動化して業務改善を実現したい
  • 幅広い業務のプロセスや
    既存システムと連携
  • ローコード開発で、
    スピーディーなシステム構築が可能
【選定基準】googleで「ワークフロー」で検索上位30社の中で
Streamline…紙のフォーマットを電子化できるクラウド型ワークフローサービスのうち、月額費用が最も安いシステム(2022年3月公式サイト調査時点)
Gluegent Flow…Google Workplace / Microsoft365のアプリとして使えるワークフローとして最安(2022年3月公式サイト調査時点)
Intra-mart…グローバルを含めた全社規模の統一基板となるワークフローシステムとしてシェアNo.1※

(※2022年3月公式サイト調査時点 参照元:intra-mart公式HP
https://www.intra-mart.jp/topics/006454.html)

おすすめの
ワークフローシステム
(電子決裁システム)
3選を見る