MajorFlow

ワークフローシステムMajorFlowを紹介します。フォームデザインや豊富なサンプルフォームで、申請書の作成を強力にサポートしてくれるワークフローシステムです。システムの概要や基本的なスペック、メリットや口コミ評判などについてまとめました。

MajorFlowの概要

MajorFlow 引用元:MajorFlow公式サイト(http://pnets.panasonic.co.jp/mf/majorflow/)

MajorFlowは、稟議決裁や発注決裁、各種届出や報告書など、様々な業務の書類を電子化して効率化を図ることができるワークフローシステムです。フォームデザインやサンプルフォームなど、ビジネスリフォーム機能が充実しているため、簡単な操作であらゆる決裁のスピードアップができます。会計や給与などのERPシステムやグループウェアと連携させることにより、より効率的な業務の推進につながるでしょう。

MajorFlowの基本的なスペック

キャビネット/文書検索/集計クエリ/電子押印/フォームデザイン/サンプルフォーム/内部統制サポート

立場別に見るMajorFlowの導入メリット

管理側としてのメリット

MajorFlowはキャビネット機能を使用することで、申請書を自由に管理することができます。作成者フォルダーを階層別にツリー上に分けたり、申請書に任意のキーワードを付加して分けたりしながら管理することが可能。新規フォルダの作成や既存フォルダの削除なども自由に行えます。申請書は件名や起案理由、清算金額など、一部項目を選択するだけで一覧表示することができ、そのなかから今月承認されたものなどを絞り込むことも可能です。

また、ビューごとに経理担当者専用、役員専用など、目的に合わせた運用もできます。さらに、ログを細かく管理したり、検索したりすることができるため、内部統制の強化にもつながります。

申請側としてのメリット

MajorFlowでは帳票を申請書フォーム作成ツールを使用して簡単に作成することができます。WordやExcelの背景取り込みや電子押印の挿入、添付ファイル、四則演算など、豊富な機能が作成作業をサポート。また、100種類を超えるサンプルフォームを標準搭載しているため、そのまま利用することも、自由に加工してオリジナルの申請書を作成することもできます。

さらに、申請に関する基本的な操作は、全てTOPメニューから実行できるため、よく利用する申請書をブックマークしておけば便利です。代筆や承認者追加、催促など、複雑な承認経路に対応できる機能も搭載しているため、規模の大きな組織でも対応できます。

承認側としてのメリット

MajorFlowはあらゆるケースにも対応できるワークフローとなっているため、同報や組織別、条件分岐など、複雑な承認ルートでも難しさを感じることがありません。自動承認や一括承認、承認者変更なども承認者によって行えるため、承認業務の時間を大幅に削減することが可能です。

決裁ルートの自動化とともに承認ルートを表示することができるため、どの業務の承認をしなければならないかも一目瞭然。承認のプロセスも可視化できるため、承認漏れを防ぐこともできます。また、iPhone、iPadからの申請、承認もできるため、外出先や出張先から遅滞なく承認することが可能です。

MajorFlowの口コミ評判

CSV出力で管理者が手を煩わせることがなくなった

それまで紙の帳票類は、手作業でシステムに入力し、その後CSVでデータを抽出していました。時間も手間もかかり、CSV出力に必ず管理者の手を煩わすとあって、他業務で容易に活用できません。他システムから直接データベースを参照できるMajorFlowは活用の観点からも優れていると感じました。現在は様々な自社システムとの連携を行っており、新たに会計システムとの連携の仕組みを構築中です。

参照元:MajorFlow公式サイト(パナソニックネットソリューションズ株式会社)(http://pnets.panasonic.co.jp/mf/donyu/cop/)
CVS変換の手間をかけずにデーターベースに取り込める

申請した内容を、我々が使用するデータベースへ取り込める「転記」の機能は重宝してますね。例えば申請書など、一般的にワークフローソフトで承認された情報は取り出す事ができなかったり、あるいはCSVファイルへ変換してからでないとデータベースに取込めないんです。しかし、『MajorFlow』の場合は、直接データベースへ取込むことができ、こちらのデータベース内で利用できるのは、運用上ありがたいですね。

参照元:MajorFlow公式サイト(パナソニックネットソリューションズ株式会社)(http://pnets.panasonic.co.jp/mf/donyu/jagunma-2/)
特別なスキルや経験がなくても申請書類が作成できる

申請画面の設計は思った以上に簡単でした。MajorFlowは特別な経験やスキルを問わない簡単な操作性を実現していると思います。一度説明を聞けば、申請画面をすぐに作ることができました。今は、新しいものが必要になる度にどんどん作っています。その他、監査時の資料提出もとても速くなりましたし、FAXの通信費なども含めれば、もっとプラスの効果が出ているはずです。

参照元:MajorFlow公式サイト(パナソニックネットソリューションズ株式会社)(http://pnets.panasonic.co.jp/mf/donyu/j-oil-2/)
Excel稟議書の問題解決に 導入の負担がかからない
ワークフローシステム3選
Excelフォーマットをそのまま使用!感覚的に使えるシステム
ワークフローEX
イメージ
引用元:ワークフローEX公式サイト(https://www.workflow-ex.jp/)
クラウド&オンプレミス
既存フォーマット利用
Excelデータ抽出
ローカル環境対応
組織変更の事前設定
承認フロー途中の編集
OS依存がない
Excelモバイル申請
使い慣れた画面レイアウトや機能で稟議書の作成・編集が可能
AppRemo(旧:羅針盤ワークフロー)
イメージ
引用元:AppRemo(旧:羅針盤ワークフロー)公式サイト(https://solutions.system-exe.co.jp/appremo)
クラウド&オンプレミス
既存フォーマット利用
Excelデータ抽出
ローカル環境対応
組織変更の事前設定
紙のようなインターフェースで簡単に書類申請ができる
AgileWorks
イメージ
引用元:AgileWorks公式サイト(https://www.atled.jp/agileworks/)
Excelデータ抽出
組織変更の事前設定
承認フロー途中の編集
OS依存がない

※サイト内に掲載しているワークフローシステムの内、Excelと互換性があり、当サイトで定めた8つの項目をクリアしている数が多いものを選出。